「大学院」とは?

「大学院」とは?

大学院に対して何をする所?という疑問を持っている人も多いですが、大学院では研究室に所属して自分の研究テーマに沿った研究や論文作成を主に行います。また、研究室によっては定期的に発表の場を設けている場合もあります。大学と大学院の違いは卒業時に「学士」が授与されるのが大学、「修士」または「博士」が授与されるのが大学院です。修士号の場合、大学院の修士課程で2年間学習して30単位以上を取得し、修士の学位論文を提出することで得られる学位です。それに対し、博士号の場合は、修士課程を修了した後で博士課程において3年間学習し、12単位以上の取得と博士の学位論文を提出することで学位をえられます。

大学院に進学するためには

大学院に進学するためには

大学院に進学するために必要なことについては、ここ数年のうちに様々なメディアで紹介が行われることがあります。進学する大学院の選び方で最も有効なのは、勉強したいと思っている分野で最も優れた研究者の先生がいる大学院へ進学するべきです。大学院へ進学するためにかかる学費の相場について興味を持っている人は、日本中に多くいることが知られています。また、奨学金の利用の仕方について迷っていることがある場合には、より多くの経験者から助言を受けることがおすすめです。

大学院に進学するメリット・デメリット

大学院に進学するメリット・デメリット

高校を卒業して大学に進学する人は少なくありません。自分の将来の目標の為にも、就職を有利にするためにも自分の先行する学部学科で知識を身に付け、大学の時とは比べられないほどのより深い専門知識が身に付きます。大学院への進学における最大メリットは、就職先の選択肢が広がるという点で、学部卒業生は事務職や営業といった職種がほとんどですが、大学院への進学によって研究職や技術職なども選択できるようになります。反対に大学院へ進学した場合に一番のデメリットとなるのは、学卒と比べてキャリア形成に遅れが出てしまうことです。

大学院に進学すると就職に有利?

大学院に進学すると就職に有利?

大学進学は自分が選んだ分野に関して専門的に学ぶ為に入学します。さらに大学院へ進学する事によって、その分野に関してより深く知識を掘り下げたり、研究を行って論文を書いて自分自身の一定の研究成果を形にします。大学院を修了すると給料が変わります。大学院は特定の分野についての高度な専門知識を身につけるための場所です。大学卒と大学院卒の所謂院卒では就職した際の基本給が異なっていると言う事が多いため、一般的に院卒の方が有利だと考えられています。ただし就活のハードルに関してはどのような業種での就活を行なうのかによって、ハードルが異なっていると言う事も少なくありません。

大学院の入試制度について

大学院の入試制度について

大学院入試は、学部生から社会人までの幅広い人々に受験資格が認められる一般入試に加え、一定要件を満たした社会人のみに受験資格が与えられる社会人入試、書類審査と面接による人物重視のAO入試、内部進学を目指す学部生を対象とした推薦入試など、多様な入試制度が存在します。大学4年間学んだ後に、より専門的な勉強を行ったり研究を行うために、大学院へ進路を進める人もいます。その道へ進路を進むためには当然大学院の入試を受ける必要があり、その入試は英語の試験を実施する場合がほとんどであり必須の科目ともいえます。今では多くの大学で大学院入試の社会人入試が行われていますが、定員や難易度等細かいことについては各大学で大きく異なるのでしっかりと情報を確認することが大切です。

その他の役に立つ情報やサイトの紹介

新宿区の四谷にある進学予備校・武田塾の紹介

国公立大学の偏差値一覧はこちら

その他にも司法書士事務所の人気ランキングなどもチェックすると面白いです。