「大学院」って具体的にはなにをするところ?

「大学院」って具体的にはなにをするところ?

4年制大学を卒業するタイミングで企業に就職を行うのではなく、大学院への進学を選ぶ人もいます。その名前は知っていてもそもそも何をする所?と疑問に思っている人は少なくありません。

大学院とは具体的には何をする所なのでしょうか。大学院は修士と呼ばれる2年の博士前期課程と博士と呼ばれる3年の博士後期課程があります。博士まで進む場合は合計5年間をその環境で過ごすことになります。

その2年から5年の期間を使って行うことは、一言でいえば「研究をするところ」という答えになるといっても過言ではありません。

大学の学部時代の生活とは違って、授業を受けて過ごす時間よりも、自分の進んだ分野に関して、自分の選んだテーマに基づいて研究を行ったり、実験を繰り返します。

その上で、その研究内容や実験結果を論文にまとめるのです。受け身で授業を受けるのではなく、自ら進んで研究を行う中で、自らが学んでいかなければならないのです。

「大学」と「大学院」の違いについて

「大学」と「大学院」の違いについて

大学は知識を得ることに比重が多く、必要単位を取得すれば卒業できます。

単位の合否はほとんどがペーパーテストの点数によって決まります。大学を卒業すると学士号が得られます。

大学院は前期課程2年と後期過程3年に分けれます。大学との違いは知識を得るだけでなく、研究をしなければいけません。

そのため、論文の作成と発表に重点が置かれます。発表では研究に関する質問があるため、研究内容をしっかり理解していないと、修了することはできません。

前期課程2年は主に基礎的研究で、修了すると修士号が得られます。後期過程3年は専門性が高い研究で、修了すると博士号が得られます。

大学や大学院の教官、大規模な政府系研究所での仕事には博士号が必要とされます。

「修士号」と「博士号」では何が違う?就職に影響するの?

「修士号」と「博士号」では何が違う?就職に影響するの?

大学院は前期課程と後期課程に分かれています。一般的に「大学院卒」と言われるのは、前期課程を修了した人を指します。大学院前期課程を修了すると「修士号」となります。

大学院前期課程を修了し、引き続き、大学院後期課程を修了すると「博士号」となります。これらの違いとなると、「博士号」は「修士号」の延長線上にあるものとなるので、その重みは大きく異なることとなります。

就職となると、修士号の人は広く募集されており、理系職では修士号が珍しくない状況です。通常の4年の大学卒と同様の募集で就職活動をすることが多いです。

一方で博士号をとった人は、一般的に就職よりも大学に残って研究する人も多いですが、企業での研究職に就くなど、大学院での研究経験を活かす職に就くことが多くなります。